下へスクロール

女性鍼灸師による訪問鍼灸「はりきゅう茜」の公式ホームページ

車椅子の老人と介護士

当院について

当院は、国家資格(鍼師、灸師)保有者がお宅に伺って治療を行う、訪問専門の鍼灸治療院です。
在宅療養中、寝たきりの方も自宅に居ながら治療が受けられます。

はりやお灸を中心に治療を行い、軽微な刺激で自己治癒力を高めます。
(ご希望があれば刺さらないはり、火を使わないおきゅうもございます)
また、患者様の症状やご希望に合わせた、運動・機能訓練など最適な施術も行います。
医師に同意書を発行してもらうことにより、医療保険での施術が受けられます。

患者やご家族と真摯に向き合い心のケアを行いながら、丁寧な治療をしてまいります。

訪問鍼灸について

慢性的な疼痛などでお悩みで、ご自宅や介護施設で療養されている方が対象となります。

  • ・寝たきり状態の方
  • ・歩行困難でなかなか外に出られない方
  • ・車椅子ご使用の方
  • ・得意疾患(高齢者の方の気の病)がある方の訪問施術に特に力を入れています
  • ・その他、身体のどこかに不自由がある方は、お気軽にご相談ください。
  • 訪問鍼灸治療の対象となる疾患

    ①神経痛
    ・三叉神経痛・肋間神経痛・坐骨神経痛・その他の神経痛など
    【例】坐骨神経痛(おしりから大腿のあたりが痛い、またしびれる)
    顔面神経痛(顔のどこかが痛い、またはしびれる)

    ②リウマチ
    ・関節の痛み・こわばる・変形があるなど
    【例】からだのいろいろな関節が痛い。
    ドアノブや水道の蛇口をひねる時、指などが痛い。

    ③頚腕症候群
    ・頚や肩、腕に筋肉の凝りやしびれ、痛みがあるなど
    【例】腕や指先がしびれて文字が書きづらい。
    肩こりから頭痛や吐き気が起こる。

    ④五十肩
    ・安静にしていても肩が痛む・動かしたときに痛む・肩が上らないなど
    【例】髪を後ろで束ねる、エプロンのひもを結ぶなどの動作が痛い。
    高いところのものを取るのが痛い。

    ⑤腰痛症
    ・腰が痛い・動くと痛みがでるなど
    【例】家事でぎっくり腰になってから腰がおかしい。

    ⑥頸椎捻挫後遺症
    ・交通事故や外傷で以前に頚を傷めたことがあり、それから肩のこり・頭痛・吐き気などの症状がでる
    【例】交通事故で首を痛めて以来、頚・肩・腰などがおかしい。(むちうち)

    ⑦その他これらに類似する疼痛を伴う慢性的な疾患など
    ・変形膝関節症など

    ※ご自身の症状が上記疾患に当てはまるかどうかわからない場合も安心してご相談ください。
    ※上記疾患で医療機関で治療を受けている場合は、鍼灸治療のご利用はできませんので、ご注意ください。
    ※・うつなど、病名のついた精神疾患ではないけれど、安定剤などを飲んでおられ、ご本人は苦痛を感じ訴えておられる。
    【例】うつと診断され、治療を受けているものの経過が捗々しくない。話を聞いてほしい。
    【例】うつ、気の病、安定剤、漠然とした不安感、胸のもやもや、胸の苦しさがある

    医療保険適用での治療について

    鍼灸治療に関しては、健康保険が使用可能です。
    保険適応にするには、医師の同意書が必要となり、時間がかかる場合があります。 「今すぐに」「今日してもらいたい」という方には、保険を使わない「自費での治療」をお勧めします。
    同意書が発行されればすぐに保険治療に切り替えることができますので、お気軽にご相談ください。

    衛生について

    器具や施術者の手指の消毒にも十分に配慮しています。
    鍼は全て使い捨てを使用しておりますので、衛生的にも安心していただけます。

    院長プロフィール

    名前

    長谷川 裕美子

    資格

    【はり師】 第128477号
    【きゅう師】 第128332号

    院長写真
    経歴

    平成14年、兵庫鍼灸専門学校入学。
    平成17年、兵庫鍼灸専門学校卒業。はり師、きゅう師免許取得。
    以来10年間様々な治療院で就業を積む。
    特に訪問リハビリ・鍼灸に関しては、4年半ほどの実績があります。
    平成27年7月、神戸市にて開院。

    院長の想い

    私が東洋医学を選んだ背景には、若くして病に倒れ、長い闘病生活を送った上に亡くなった父の存在があります。
    父は医者でしたが、激務が祟り、肝臓病を患いました。そのころの私には、何の知識も技術も、また、東洋医学という学問の存在すら知る由もありませんでした。

    東洋医学とは、人を丸ごと小さな宇宙と認識します。私たちの存在する大きな宇宙は、絶妙なバランスでその生命を営んでいます。人もまた、その体におけるバランスが良い状態が、健康の証となります。
    東洋医学では、物事はすべて表裏の二面からなっているという解釈をします。陰と陽、虚と実、表と裏、寒と熱、そこからはじまり、男性は陽、女性は陰、昼間は陽、夜は陰、人の体で言えば、背面は陽、腹側は陰、上半身は陽、下半身は陰、体表は陽、内臓は陰、また、内臓自体にも陰の蔵と陽の腑が存在します。いわゆる、五臓六腑というもので、肝・心・脾・肺・腎が臓、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦が腑となります。
    臓はそれぞれの役割を持ちますが、主に気血の生成や貯蔵をし、腑もまた、それぞれの役割を持ちつつ、食べ物・飲み物の消化・排泄にかかわっています。ここでいう気と血と、血以外の体にある液体である津液、また精は、身体の生理機能を維持する働きをします。 また、体をくまなく巡る経路も、臓・腑・体表などを行き来しそれぞれの働きを助けています。
    さらに、すべての物事の状態も陰と陽に分けられます。制止、衰退、寒、不変は陰であり、活動、亢進、熱、変化は陽であります。

    こうしてみていくと、陰陽は無数に存在するということがわかります。そして陰陽は互いに依存しあい、また、一方が他方を制約する関係でもあります。
    たとえば、陽である「気」には体を温める作用がありますが、陰である水液には暖まりすぎを防ぐ役割があります。 もし陰液が不足すると体を冷やす力が弱くなり、体が熱をもち、陽気が増大したかのように見えます。これが陰陽のバランスが崩れ、破綻した病的状態を表す一例だということです。
    また、五行学説という考え方もあります。五とは、木・火・土・金・水の五つの要素を表し、すべての物事にはこの五つの要素が含まれており、互いに影響を与え合い成り立っていると考えられています。 季節で言えば、春・夏・長夏(土用)・秋・冬があり、方位方角では、東・南・中・西・北があります。人の体で考えれば、木は成長、発散の働きがあり、肝は木の要素を多分に含むものであります。
    火は燃やす働きがあり、心は火の要素を多分に含むものです。土には万物を生み、変化させる働きがあり、脾は土の要素を多分に含むものであります。金には収納の働きがあり、肺は金の要素を多分に含むものです。そして水の要素を多分に含む腎は体を潤し、五つの要素は深くつながりあい影響を与え合っています。

    簡単に東洋医学の考え方を述べましたが、西洋医学が人の体を細分化し、治療するのとは対照的に、東洋医学は人を丸ごとの有機体とみて、一人のひとの心身が内的にも外的にもいかにバランスよく存在するかを重視し、今現在の偏りをただし、その人が持つ自己治癒力を導き出す手助けをすることを最重要とみなします。はりやお灸は、軽微な刺激で、自己治癒力をアップする手法です。

    今思うに、病気で苦しむ父に、はりやお灸をしてあげたかった、どんなにか効力を発揮しただろうという想いは日ごとに強まっていきます。父は医者としての目を、自らの病に向けすぎて、一番叶ってほしくない病状を辿りました。あのころの私に今の力があったら、絶対に父を助けることができたのに、と思うことしきりです。

    人は自らが思うようになっていきます。あなたの気持に寄り添い、お話をしながら今抱えておられる痛み、苦しみから解放されるお手伝いをすることができれば、それは私の無上の喜びとなります。

    トップへ戻る